ストラドビジョン、ドイツ高級自動車大手およびティア1と提携

画像処理AI技術のパイオニアが、車線維持支援システム向けAR技術や

自動駐車支援向けのサラウンドビューモニタリング技術を提供

先進運転支援システム(ADAS)や、自動運転車両向けの物体認識AIソフトウェア『SVNet』を提供するStradVision, Inc.(韓国ソウル市、CEO キム・ジュナン、ストラドビジョン)は、ドイツの高級自動車メーカーおよび世界的なティア1(一次サプライヤー)との提携を発表します。 

自動車メーカーとの提携では、ナビゲーションおよび車線維持支援システム向けのAR(拡張現実)技術の提供します。ティア1との提携では、自動駐車支援機能をサポートするサラウンドビューモニタリングアルゴリズムのOEM提供をします。 

SVNetによる物体・車線認識のイメージ 

■ドイツの高級車メーカーが採用したAR(拡張現実)技術 

この度、自動車メーカーに提供するストラドビジョンのAR(拡張現実)技術は同メーカーが2022年から世界で量産予定の40車種以上に搭載されます。このAR機能は、物体認識AIソフトウェア『SVNet』の技術を応用しており、車載情報通信システム(In-Vehicle Infotainment system,IVIシステム) に対する課題を解消します。ナビゲーションが表示される自動車のセンタースクリーン内に、ナビゲーションや車線維持補助システムのための各種情報を投影するなど、視覚的情報の品質向上に寄与するものです。 

〇AR技術に含まれる機能 

・オクルージョン:信号機や柱などのオブジェクトの位置を把握し補正 

・ポジショニング:AR要素のポジショニング改善 

・ピッチ補正:あらゆる道路状況でのAR要素の定着 

〇ストラドビジョン CEO キム・ジュナンのコメント 

「高級車のドライバーは、車内での体験に最高の精度、性能、視覚的品質を求めるようになっています。ストラドビジョンのAR技術は彼らの期待を次のレベルに引き上げます。我々の先進的なアプローチは、運転時の視覚品質の大きな飛躍として評価されるでしょう」 

■需要の高まるサラウンドビュー・モニタリングと自動駐車支援技術 

ストラドビジョンが2020年10月の『NVIDIA GTC 2020』および、11月の『AutoSens 2020』で発表した『SVM(サラウンドビューモニタリング)』は、自動車業界で大きな注目を集めました。この技術は、自動車の側面に沿って取り付けられた複数のカメラで収集した広角画像を組み合わせて、360度全方向の物体や状況を認識するものです。この技術は多くの自動駐車の課題を解決するもので、今後数年に亘って高い需要があると予測されるため、世界的な自動車メーカーのティア1へのOEM提供が実現しました。 

〇自動駐車支援APAと自動バレーパーキングAVP 

ドライバーの介在の有無にかかわらず駐車を支援する自動駐車支援(Advanced Parking Assist.APA)や、車両が自ら駐車スペースまで運転し、呼び出されたら自ら戻ってくる完全なバレーパーキング(Automated Valet Parking.AVP)などの高度な機能を実現するための物体認識技術を提供します。 

SVMによる自動駐車支援のイメージ 
https://www.youtube.com/watch?v=ZoxCLmGZqpc  

〇ストラドビジョン CEO キム・ジュナンのコメント 

「難しい場所に自分で駐車する必要がなく、車に任せられるという安心感を想像してみてください。自動車業界でAPAやAVPの導入が進む中、ストラドビジョンの画像処理技術は、これを推進するサプライヤーやOEMにとって非常に有益です。私たちは、この分野のリーダーになるつもりであり、この技術によって人々のドライブライフをより快適にするため、先陣を切れることに興奮しています」 

世界1300万車両で採用の物体認識AIソフトウェア『SVNet』とは 

SVNetは、カメラ映像からディープラーニングによって検知する自動運転車両向けの物体認識AIソフトウェアです。特許技術によってネットワークパラメータサイズや必要とする演算量、メモリ使用量を少なくしながら、高い物体検出・認識精度を実現。自動緊急ブレーキ、アダプティブ・クルーズ・コントロール、車線逸脱警報、死角検知などのADAS(Advanced Driver-Assistance Systems,先進運転支援システム)および自動運転機能を提供可能とします。 

製品特性に応じたチップ(SoC)への組み込みや、高価なセンサーをカメラに置き換えた利用が可能で、競合他社の製品と比較して、数分の一のコストでADASや量産自動車への提供を可能にしています。 

現在、ドイツ・中国市場をはじめ9社のパートナーと提携し、51種類のADASおよび自動運転向け車両に採用され、世界中で1300万台の量産車に導入される予定となっています。また、欧州でのレベル4自律走行バスプロジェクトをはじめ、欧州と中国で複数の生産プロジェクトに取り組んでおり、すでに中国の道路でADAS車両を展開しています。 

日本市場においては、2020年8月には大手システムオンチップ(SoC)ソリューション企業である株式会社ソシオネクストと、日本市場へのSVNetの供給を拡大するための協業契約を締結しております。 

なお、ストラドビジョンは、ADASおよび自律走行技術における競争力が評価され、2020年にルネサスのR-Carコンソーシアムのプロアクティブ・パートナー・プログラムおよび、NVIDIA Inceptionプログラムのプレミア・パートナーに選ばれています。