ストラドビジョン、最新の先進運転支援システムをNVIDIAのGPU Technology Conference 2021で発表

複数の高解像度カメラを使用し、革新的な運転支援・駐車支援機能を実現 

先進運転支援システム(ADAS)や、自動運転車両向けの物体認識AIソフトウェア『SVNet』を提供するStradVision, Inc.(韓国ソウル市、CEO キム・ジュナン、ストラドビジョン)は、2021年4月13日に開催される、NVIDIA主催『GPU Technology Conference 2021』の『Automotive Premier Showcase』において、物体認識AIソフトウェア『SVNet』の最新機能を公開します。 

■NVIDIA Inceptionのプレミアパートナーとして登壇 

ストラドビジョンは、ADASおよび自律走行技術における競争力が評価され、2020年にNVIDIAがAIスタートアップを支援するプログラム『NVIDIA Inception』のプレミア・パートナーに選ばれています。今回の発表では、エンジニアリング担当副社長であるソン・ジュオンが、下記のADAS機能を実現するSVNetの新たなソリューションを紹介します。 

〇ハイウェイ・ドライビング・アシスト 

高速道路や自動車専用道路での自律走行(Highway Driving Assist.HDA)において、SVNetが高解像度の前面カメラを用いて、より長い距離での検出精度をどのように向上させるかを説明します。 

〇自動バレー・パーキング、自動駐車支援 

車両が自ら駐車スペースまで運転し、呼び出されたら自ら戻ってくるAVP(Automated Valet Parking)や、ドライバーの介在の有無にかかわらず自動的に駐車を支援するAPA(Advanced Parking Assist)など、レベル3以上の自動運転機能のために、複数のカメラで収集した画像を組み合わせて、360度全方向の物体や状況を認識するサラウンド・ビュー・モニタリング(SVM)ソリューションも紹介します。 

〇車両前方のカメラ・FFCの単眼カメラ対応 

車両前方のカメラ・FFC(Front-facing Camera)画像を使用した物体認識技術では、単一のカメラで3次元の認知・深度推定を実装する最新技術も紹介します。安全性を維持しながら、ハードウェアの使用率とコストの両方を下げることができ、省エネ・熱対策などの観点で高い効率性を実現する技術です。 

エンジニアリング担当副社長 ソン・ジュオン 

ソン・ジュオンは、ストラドビジョン入社以前は、サムスン電子 S-1の主任エンジニア及びLG電子の上級エンジニアを務めていました。 

世界1300万車両で採用の物体認識AIソフトウェア『SVNet 

SVNetは、カメラ映像からディープラーニングによって検知する自動運転車両向けの物体認識AIソフトウェアです。過酷な気象状況や周囲の明かりが乏しい場合でも、車両が他の車両や車線、歩行者、動物、空き地、交通標識、信号機などの対象物を正確に検出・識別することができます。 

特許技術によってネットワークパラメータサイズや必要とする演算量、メモリ使用量を少なくしながら、高い物体検出・認識精度を実現します。製品特性に応じたチップ(SoC)への組み込みや、高価なセンサーをカメラに置き換えた利用が可能で、競合他社の製品と比較して、数分の一のコストでADASや量産自動車への提供を可能にしています。 

現在、ドイツ・中国市場をはじめ9社のパートナーと提携し、51種類のADASおよび自動運転向け車両に採用され、世界中で1300万台の量産車に導入される予定となっています。また、欧州でのレベル4自律走行バスプロジェクトをはじめ、欧州と中国で複数の生産プロジェクトに取り組んでおり、すでに中国の道路でADAS車両を展開しています。 

日本市場においては、2020年8月には大手システムオンチップ(SoC)ソリューション企業である株式会社ソシオネクストと、日本市場へのSVNetの供給を拡大するための協業契約を締結しております。