ストラドビジョン、ドイツの自動車部品製造大手のZFと資本提携

物体認識技術により、自動運転レベル3およびレベル4システムのための
ZF社のグローバル・エコシステムを強化

先進運転支援システム(ADAS)や、自動運転車両向けの物体認識AIソフトウェア『SVNet』を提供するStradVision, Inc.(韓国ソウル市、CEO キム・ジュナン、以下、ストラドビジョン)は、自動車部品製造大手のZF(ドイツ・フリードリヒスハーフェン)が、自動運転技術のポートフォリオを拡大するため、ストラドビジョン株式の6パーセントを取得したことを発表しました。 

自動運転車両のためのソフトウェアは、ZFの製品ポートフォリオにおける戦略的技術分野の一つです。ZFの自動車およびモビリティ分野向けAD(自動運転)システム・ソリューションには、「ZF ProAI」などの高性能コンピュータ、ADASおよびAD機能をサポートする自動車用ソフトウェア、カメラ、レーダー、LiDARなどのセンサー、スマートアクチュエータなどが含まれています。 

ストラドビジョンの物体認識技術は、自動運転の安全規制基準や、様々なモビリティアプリケーションのニーズに応じた機能・品質を実現します。ZFは、この資本提携によってストラドビジョンの物体認識AIなどの技術を活用し、自動運転レベル3およびレベル4システムのためのグローバル・エコシステムを強化してまいります。 

■ZFグループ エレクトロニクス・ADAS部門 

エンジニアリング責任者 Marc Bolithosのコメント 

「ストラドビジョンとのパートナーシップは、当社の自律走行のための認識能力を大幅に拡張します。当社のセンサー、ミドルウェアプラットフォーム、高性能コンピューティングソリューションとともに、シャトル、商用車などの車両のための環境センサー連携の重要な構成要素となります」 

■ストラドビジョンCEO キム・ジュナンのコメント 

「世界的なモビリティのスペシャリストであるZFを戦略的投資家として迎え、共同で最先端の物体認識ソリューションを提供し、自律走行市場を加速させるべく努力してまいります」 

Join Our Newsletter!

Subscribe to our newsletter to receive the latest news

Please enter your name.
Please enter a valid email address.
Please check the required field.
Something went wrong. Please check your entries and try again.